• TOP>
  • 【パソコンのセキュリティ設定確認・変更のお願い】SSL 3.0のぜい弱性対応としてアクセス遮断を実施します
【パソコンのセキュリティ設定確認・変更のお願い】SSL 3.0のぜい弱性対応としてアクセス遮断を実施します

「Windows XP(SP2以下)」・「Internet Explorer 6以下※」をご利用のお客さまは、サービスがご利用いただけなくなる可能性が高いため、特にご注意ください。

※バージョンの確認方法はこちら をご参照ください。(マイクロソフト社のサイトに移動します)

当社では、一部のウェブサイトにおいて、安全性の高いSSL通信を使用しておりますが、SSL通信で使用する通信方式のひとつである「SSL3.0」にぜい弱性があり、第三者により通信の一部が解読されてしまう恐れがあることが判明しております。
(詳細は独立行政法人情報処理推進機構のWEBサイト をご参照ください)

当社では「SSL3.0」の次のバージョンである「TLS」に対応しており、お客さまの情報資産保護のため「SSL 3.0」によるアクセスの遮断を2015年1月以降順次実施してまいります。

セキュリティ設定の確認と変更方法(Internet Explorerの場合)

既に対応を完了されているお客さまも多いかと思いますが、お使いのパソコンについて、以下の手順でのご確認・設定変更をお願いいたします。

なお、併せて電子証明書のバージョンアップも実施いたしますので、Windows XP「SP2以下」を利用されているお客さまにおかれましては、「SP3以降」のバージョンへの引き上げもご対応いただく必要がございます。

①Internet Explorerを起動し、ブラウザ右上にある[ツール(ツール)] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。

インターネット オプション

②[詳細設定] タブをクリックします。

③[セキュリティ] カテゴリで、[SSL 3.0 を使用する] のチェックボックスをオフにし、「TLS1.0を使用する」「TLS1.1を使用する」および「TLS1.2の使用」のチェックボックスをオンにします。

④「OK」をクリックして、Internet Explorerを終了し、再起動します。

詳細設定

※Mozilla Firefox/Google Chrome/アップル社製品をご利用のお客さまへ
以下リンク先を参考に最新のブラウザへバージョンアップいただきますようお願いいたします。

このマークがついているリンクは外部のウェブサイトに遷移します。

ページタイトルに戻る