株主の方への利益還元策

当社の株主還元について

当社は、業績に応じた株主利益還元策として、普通株式配当につき、連結配当性向30%程度を目処とする配当還元を維持しつつ、利益成長機会とのバランスや資本効率性改善効果を踏まえた自己株式取得等の実施により、中期的に総還元性向を40%程度に段階的に引き上げ、還元の強化を目指すこととしております。

配当予想(普通株式の1株当たり配当金)

2018年度の普通株式の配当金予想につきましては、2018年11月14日付 「2019年3月期 連結業績予想及び期末配当予想の修正に関するお知らせ」で公表しておりますとおり、上記の株主還元方針に基づき、2018年度の親会社株主に帰属する当期純利益予想1,750億円を踏まえ、前年度比1株当たり10円増配の140円(連結配当性向30.3%に相当)の予想としております。
なお、以上の結果、2018年5月〜6月に実施済みの自己株式取得を含めた2019年3月期の総還元性向は35.4%(予想)となる見込みです。還元の更なる強化に向けて、2019年度には総還元性向40%への引き上げを目指します。

  中間配当金(実績) 期末配当金 年間配当金 連結配当性向 総還元性向
(*1) (*2)
2018年度予想 中間配当金65円 期末配当金75円 年間配当金140円 連結配当性向30.3% 35.4%
2017年度実績 中間配当金65円 期末配当金65円 年間配当金130円 32.1% 37.4%
2016年度実績 中間配当金65円 期末配当金65円 年間配当金130円 連結配当性向40.9% 46.7%

(*1)連結配当性向=(普通株式配当金総額÷親会社株主に帰属する当期純利益)×100

(*2)総還元性向=((普通株式配当金総額+年度中に実施した自己株式取得の総額)÷親会社株主に帰属する当期純利益)×100

このマークがついているリンクは外部のウェブサイトに遷移します。

このマークがついているコンテンツはAdobe® Reader®に最適化されています。
ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布している、Adobe® Reader®(無償)をダウンロードしてください。ダウンロードはこちら 

ページタイトルに戻る