当社の株主還元について

当社は、業績に応じた株主利益還元策として、2022年度を目処に連結配当性向を40%程度への引上げを目指すとともに、資本十分性の確保を前提として、中期的な利益成長に向けた資本活用、資本効率性改善効果のバランスを踏まえつつ、機動的に自己株式取得を実施していく方針としています。

配当予想(普通株式の1株当たり配当金)

2021年度の普通株式の配当予想は、上記の株主還元方針に基づき、2021年度の親会社株主に帰属する当期純利益予想1,550億円を前提に前年度から10円増加の1株当たり160円、連結配当性向は38.7%としております。

中間配当金(実績) 期末配当金 年間配当金 連結配当性向※1 総還元性向※2
2021年度予想 80円 80円 160円 38.70%
2020年度実績 75円 75円 150円 40.20%
2019年度実績 75円 75円 150円 34.50% 44.30%
  • ※1連結配当性向=(普通株式配当金総額÷親会社株主に帰属する当期純利益)×100
  • ※2総還元性向=((普通株式配当金総額+年度中に実施した自己株式取得の総額)÷親会社株主に帰属する当期純利益)×100
ページ最上部へ戻る