人材戦略

当グループは行動規範(バリュー)において、「信託への熱意を共有する多様な人材の切磋琢磨と弛まぬ自己変革で、相互信頼と創造性にあふれる組織の力を発揮」することを謳っています。企業価値の向上とステークホルダーへ提供する価値の最大化を図る上で人的資本の高度化は不可欠です。
当グループは、個別の人事施策を機能別に分類し、各機能が相互にシナジーを働かせながら人的資本の高度化を図るプロセスを長期投資家の視点を交えて整理し、情報開示の拡充にもつなげています。
社員に対しては、組織と社員個人が、多様性を生かしつつ活動の根底で同じ思いを持って相互の成長に貢献し続けるようエンゲージメントを高めることで、社会構造の大きな変化の中でも新たな価値を創造していきます。

人事制度 運営理念

  • 1.
    幅広い分野における創造性発揮、付加価値の創出に向けて、個々人の多様性を尊重し、主体的な取り組みを促していく。
  • 2.
    信託銀行としての専門性と総合力を高めるために、社員の切磋琢磨と自律的成長を促していく。
  • 3.
    個々人の持てる力を最大限に生かすために、能力に応じた適材適所の配置を進めていく。
  • 4.
    個々人が自己実現と会社貢献に意欲とやりがいを持てるように、能力・役割・成果に応じた公平・公正な評価・処遇を行っていく。

人事の基本方針

個々人の多様性と創造性が組織の付加価値として存分に生かされ、働くことに夢と誇りとやりがいを持てる職場を提供するとともに、高度な専門性と総合力を駆使してトータルなソリューションをご提供できる人材集団を形成し、その活躍を推進します。

ページ最上部へ戻る