2021年度中間期決算概要

三井住友トラスト・ホールディングス(連結)

  • 実質業務純益<1>は、好調な対顧客ビジネスや、良好な市況での運用ビジネスが貢献し手数料関連利益が増加したことに加え、国内預貸収支改善や組合出資関連等の一過性要因を含む「実質的な資金関連の損益」の増益等により、前年同期比333億円増益の1,744億円となりました。
  • 親会社株主に帰属する当期純利益<3>は、政策株の売却益を上回るヘッジ投信の一部削減前倒しに伴う実現損の計上等による株式等関係損益悪化の一方で、与信関係費用<4>、その他の臨時損益ともに改善した結果、前年同期比309億円増益の1,110億円となりました。

(単位:億円)

2020年度中間期 2021年度中間期 増減
実質業務純益(注1) 1 1,410 1,744 333
経常利益 2 1,134 1,520 386
親会社株主に帰属する当期純利益 3 800 1,110 309
与信関係費用 4 △20 51 71
株式等関係損益 5 108 △180 △288
自己資本当期純利益率(ROE) 6 6.19% 8.11% 1.92%

(1株当たり情報)

1株当たり当期純利益(EPS) 7 213.84 296.43 82.59
1株当たり純資産(BPS) 8 7,192.07 7,378.57 186.50

(連単差)(注2)

実質業務純益における連単差 9 385 435 49
親会社株主に帰属する当期純利益における連単差(注3) 10 173 235 61
与信関係費用における連単差 11 △5 △9 △4
株式等関係損益における連単差 12 △8 5 14

(注1)連結実質業務純益=三井住友信託銀行(単体)の実質業務純益+他の連結会社の経常利益(臨時要因調整後)+持分法適用会社の経常利益(臨時要因調整後)×持分割合-内部取引(配当等)

(注2)連単差は三井住友信託銀行(単体)との差異を記載しております。

(注3)連結の親会社株主に帰属する当期純利益と単体の当期純利益との差異を記載しております。

<参考>三井住友信託銀行(単体)

(単位:億円)

2020年度中間期 2021年度中間期 増減
業務粗利益 13 2,249 2,539 289
業務粗利益 資金関連利益 14 1,089 1,461 371
業務粗利益 手数料関連利益 15 720 807 86
業務粗利益 特定取引利益 16 175 381 205
業務粗利益 その他業務利益 17 263 △110 △374
業務粗利益 その他業務利益 うち外国為替売買損益 18 92 △181 △273
業務粗利益 その他業務利益 うち国債等債券関係損益 19 135 81 △53
業務粗利益 その他業務利益 うち金融派生商品損益 20 43 3 △40
経費 21 △1,224 △1,229 △5
実質業務純益 22 1,025 1,309 284
臨時損益等 23 △182 △155 27
臨時損益等 与信関係費用 24 △15 60 76
臨時損益等 株式等関係損益 25 117 △185 △302
臨時損益等 その他の臨時損益 26 △284 △30 253
経常利益 27 842 1,154 311
特別損益 28 △5 △7 △2
税引前当期純利益 29 837 1,147 309
法人税等合計 30 △210 △272 △61
当期純利益 31 627 875 247
経費率(OHR)(△21÷13) 32 54.43% 48.43% △6.00%
ページ最上部へ戻る