トップメッセージ

三井住友トラスト・グループでは、「個々人の多様性と創造性を経営に活かす」というダイバーシティ&インクルージョンの概念そのものを、ミッション(経営理念)として有しています。

2011年のグループ発足当時に、皆が共通して目指すものとして、「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の三つを制定しました。この中のもっとも上位の概念がミッション(経営理念)です。

”お客さま、社会、そして株主の三つのステークホルダーから当グループは何を求められているのか“、という観点に加え、”当グループで働く社員にとって、どういう会社でありたいか“という思いに対し、「個々人の多様性と創造性が、組織の付加価値として存分に活かされ、働くことに夢と誇りとやりがいを持てる職場を提供する」ことをミッションの一つに掲げ、多様な社員の相互作用で独自の価値を創出することを、自分たちのDNAにしようと取り組んできました。

重点項目の取り組み

三井住友トラスト・グループは、以下のテーマを重点取り組み項目とし、グループ各社の状況にあった推進に取り組んでいます。

多様性を受容し、多彩な人材が活躍できる風土醸成 女性活躍推進 人権LGBTQ 障害 グローバル 両立支援

ダイバーシティ推進体制

三井住友トラスト・グループのさらなるダイバーシティ&インクルージョン推進を図るため、2017年10月に、三井住友トラスト・ホールディングスにダイバーシティ&インクルージョン推進室、ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会を設置し、グループでの取り組みを強化しています。

ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会は四半期に1度、年4回開催され、人事部統括役員、経営企画部統括役員、業務管理部統括役員がメンバーとなり、ダイバーシティ&インクルージョン推進についてのディスカッションを行っています。また、グループ会社からのゲストスピーカーによる各社のダイバーシティ&インクルージョン推進の取り組みの共有も行っています。

グループ会社の主な取り組み

三井住友トラスト・グループのダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

ページ最上部へ戻る