当社は、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が提唱するポジティブ・インパクト金融原則に基づき、2019年3月に世界初のポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)を取り組みました。

PIFは、企業活動が経済・社会・環境にもたらすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価し、ネガティブ・インパクトの抑制とポジティブ・インパクトの増大についての目標を設定のうえ、その実現に向けた継続的なエンゲージメントを重視したファイナンスの取組みです。

PIFの商品コンセプトなどが評価され、2020年2月に開催された環境省第1回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の融資部門で金賞を受賞しました。
2019年3月の第1号以来、2021年3月末時点で計17件の実績がございます。

大久保前社長と小泉環境大臣

関連リンク

ページ最上部へ戻る